2012年03月21日

業務用厨房機器 「良質なバリュー株」の正しい探し方

シンプルな方法でもスゴイ銘柄は見つかる!

 内需関連の好業績・割安な小型株が11年秋頃から順調に上昇している。本誌の昨年12月号(10月21日発売)で、株式ライターの小泉秀希さんは、その観点で12銘柄紹介してくれたが、そこから大きく上昇する銘柄が続出した。特に、厨房機器リサイクルのテンポスバスターズ(2751)などは、一時2倍以上にまで上昇した。

 この展開はまだ続くのだろうか。

 小泉さんは、「欧州問題のような難解な問題もあり、正直なところ景気や相場の展開を読むのは難しいです」と言いつつ、「でも、世界経済の動きに左右されづらい内需関連企業は、リストラ努力なども実って好調がまだ続きそうですし、何より、PERやPBRから見て超割安な銘柄がゴロゴロしているので魅力的だと思います」という。

 そうした見通しの中で、銘柄はどのように選んだらいいのだろうか。これについては12月号で紹介したのと同じく、「好業績で、低PER、チャートが上昇トレンドという3条件で選んでいくのがいい」(小泉さん)とのこと。

 好業績かどうかは、売上高や経常利益が伸びているかを確認する。直近で上方修正を出していたらなおいい。PERはできれば1ケタのものが魅力的だ。

 さらに、チャートは、13週、26週移動平均線の2線が上向きで、株価がその上に乗っているような典型的な上昇トレンドのものが良いというのが小泉さんの考え方だ。

 なお、業績上方修正銘柄や、業績拡大銘柄を探すには、上図で紹介しているように、証券会社サイトのニュースや、日経新聞の業績記事を活用するのが便利だ。

 また、小泉さんは、「今年に入ってからの傾向として、より地味な目立たない銘柄にまで投資資金が回り始めて、値動きが良くなってきている」と指摘する。

 具体的には、「好財務で、PBRが1倍を大きく割り込んでいるような銘柄も、業績が安定しているような銘柄なら、狙い目になってくるのではないか」(小泉さん)とのことだ。


■小泉さん流大上昇中小型株の選び方!

>Step1
売上高と経常利益が伸びているか、上方修正があるかどうか?
今期または来期予想を含め数年の業績推移を見て、売上高と経常利益が伸びており、直近に上方修正していればさらに良い。

>>Step2
今期予想PERが1ケタかどうか!
業績が安定しているか、成長中で今後の見通しも良い株のPERが1ケタなら「割安と判断できる」(小泉さん)という。

>>>Step3
13週か26週の移動平均線が上向き!
13週、26週移動平均線の2線ともに上向きか横ばいで、株価がその上に位置する銘柄は「需給状況がいい」(小泉さん)。

■小泉さん流好業績バリュー株の探し方を伝授!

◎上昇修正銘柄の探し方は?

★証券会社のニュースインデックスで業績予想修正を確認
 証券会社のサイトのニュースインデックス一覧をざっと見て、保有株や注目している銘柄が業績を修正していたら要チェックだ。

★会社HPのIR欄で修正内容を確認
 会社のホームページのIRページで業績修正内容を確認し、経常利益が上方修正していたら、株価が上昇する可能性が高まる。

◎売上高&経常利益が伸びている企業の探し方は?

★日経新聞の投資財務欄で3期分の業績をチェックしよう!
 日経新聞に掲載されている業績発表のうち、本決算発表では下図のように3期分の業績が並んでいる。これで業績好調企業を探そう。

★本決算発表の記事は良い銘柄の宝庫
 日経新聞の投資財務欄では、企業が決算発表を行なった翌日に、業績予想が掲載される。売上高と経常利益が3年分伸びているかどうかをしっかりチェックしよう。本決算の発表が集中する4月末から5月中は、掲載銘柄数も多いので、特にチェックしておきたい!


<教えてくれたのは>
小泉秀希さん
創刊時以来の本誌のライター。会社四季報を毎号3冊買うほどのマニアで、小型株をこよなく愛する個人投資家。信念は「株は努力に比例して儲かる」。


エアコンクリーニング
posted by リサイクル at 20:58| Comment(0) | 業務用厨房機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

業務用厨房機器 ブロードリーフ、楽天オークションと連携…一般ユーザー向けに自動車リサイクル部品を販売

ブロードリーフと楽天オークションは、自動車リサイクル部品の流通システムで連携すると発表した。ブロードリーフの自動車部品流通システム『PM.NS RCオプション』と楽天オークションの連動に関して5月頃の実用化にめどが立った。

自動車リサイクル部品は、ユーザーの品質に対する不安や販路の不透明さなどから普及が進まない現状にあった。こうしたなか、ブロードリーフのシステムユーザーで、行政から許認可を受けた専門事業者が提供する自動車リサイクル部品を楽天オークションへ出品し、一般の自動車ユーザーに新たな購入チャネルを提供することで流通活性化を図る。

連携機能は、ブロードリーフが運営している『パーツステーションNET』を利用している自動車リサイクル事業者に対し、3月下旬から販売を開始する予定の次期モデルPM.NS RCオプションに追加される。自動車リサイクル事業者は、パーツステーションNETに加え、楽天オークションにリサイクル部品を同時出品することが可能になる。

ブロードリーフはこの新システムを16日から東京ビッグサイトで開催される国際オートアフターマーケットEXPO2011出展する。

《レスポンス 土屋篤司》

posted by リサイクル at 17:01| Comment(0) | 業務用厨房機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。